Media

【Media】繊研新聞 ”STUDY ROOM”コーナーにおいて『共感がつむぐ”時間消費”』と題して弊社代表 吉川稔の寄稿を掲載頂きました (2018/6/19)

2018-06-20Media

6月19日発売 繊研新聞 「STUDY ROOM」記事において、弊社代表 吉川稔の寄稿文をご掲載頂きました。

◎『共感がつむぐ”時間消費”ー街のオープン価値を高める借景ランドスケープー』

 

人びとの働き方が、デスクワーク(作業)からグループワーク(創造型の共同作業)に変化していく中、都市ではシェアオフィスやカフェなど、オープンスペースを積極的に活用することが潮流となっています。街をステージにさまざななコミュニティ活性化を展開するイベント、事業をご紹介させて頂きました。

 

街をリビングととらえ、公共空間の日常を非日常としてイベント化した『池袋LIVING LOOP』では、関連会社東邦レオ株式会社の管理スタッフが花や植栽を植えるワークショップを実施。神戸・旧居留地で行われた『神戸ホワイトディナー』では白いドレスコードに参加者みずからが、テーブルコーティネートを考え、クリエイティブなアイデアを競演。その他、街のグリーンや美しい風景を背景に、開かれた街の価値を高めるしかけの事例を”借景ランドスケープ”と捉え御紹介しています。是非ご覧下さい。

 

TOP